ワールドカップ 2010 – 分析と予測

投稿者: | 12月 17, 2022

歴史的事実

過去のデータに基づくと、ヨーロッパのチームがヨーロッパ以外でワールドカップを開催したことはありません. 1958 年にスウェーデンで優勝したブラジルを除いて、開催大陸の国は最終的にすべてのワールドカップで優勝しました。 2002年に韓国と日本で第1回ワールドカップがアジアの地で開催されたとき、最終的な勝者はアジアの国ではなく、再びブラジルでした. アジア諸国はまだ勝つ準備ができていませんでしたが、韓国はそれに近づいていました。 これらは、過去100年以上にわたるワールドカップの歴史的事実です。 8年経った今、アフリカの国は実際に本拠地でワールドカップを開催する準備ができていると思いますか? 愚か者は歴史に賭ける者だ。

私たちのアプローチは、南米の国がヨーロッパ以外で再びワールドカップを開催することに賭け、アフリカの国に史上初の開催を行うためにいくらかの資金を投入することです。

チームの分析

ブラジルはあまりにも頻繁に勝っていて、オッズは 4.5 とかなり低いですが、それでも良いです。 いくらかのお金は彼らに行かなければなりません。

アルゼンチンはダークホースです。 特定のエキセントリックなディエゴ・マラドーナが指揮を執っているため、彼らにチャンスを与える人は多くありません。 彼らには素晴らしい才能のある選手が自由に使えるし、ディエゴへの不必要な注意にもかかわらず、彼らはすべての批評家が団結することで彼らの言葉を食い尽くすだろうと私はただ感じている. 前回のワールドカップでのイタリアを少し思い出します。 イタリア人は、チームスピリット、誰かの死などに多くの問題を抱えていました。 しかし、彼らはそれを絆のツールとして使用して、チームをまとめて効果的なサッカーを行い、ワールドカップに勝つことができました.

イングランドはいつものように過大評価されています。 ファビオ・カペッロは、これまでのところそれらを取得するだけです. 歴史は、この才能のある多くのプレーヤーに親切ではありません。 ジェラルド、ルーニー、ランパード、テリーは良いワールドカップをするだろうが、それは準決勝までだ。 彼らが再びPK戦に出るという奇妙な予感がする。 決定的なスポット キックを逃すのは誰だと思いますか?

私の、有名なポルトガルは、今回のラウンド 1 で出て行きます。 残念なことに、彼らは死のグループに属しています。 彼らはロナウドに依存しすぎている。 残念ながら今回のカルロスはスコラーリではありません。 とにかく、ロナウドを除けば、他の選手はみんな平凡だ。

アフリカのチームが好きです。 今回のワールドカップは彼らにとって唯一のものかもしれません。 過去のワールドカップで、彼らは才能が​​あり、巧みで、最高のものを混乱させることができることを世界に示してきました. ロジェ・ミラと不屈のライオンズを思い出してください。 現在、ヨーロッパで注目を集める選手が増え、さらに重要なことに、より優れた技術コーチが雇われ、彼らの本拠地では、これはワールドカップで新しい基盤が開かれる可能性があります. 母国でワールドカップを開催した最初のアフリカの国? それは南アフリカではなく、ピエンナー型の選手でもありません。 本物の選手はコートジボワールやガーナにいます。 ドログバ、トゥーレ、カルー、エッシェンのような選手は、素晴らしい経験を持つ素晴らしい選手です。 彼らは、アフリカのプレーヤーにとって次の大きな飛躍を遂げるかもしれません.

アジアのチームに関しては、彼らはやり遂げたと思います。 今回も素晴らしいパフォーマンスを披露する時でも、場所でもありません。 チームは 2002 年に自分たちの能力を過小評価していました。彼らは二度と同じ過ちを犯すことはありません。

スペイン。 はあ….彼らはオッズが最も低いです。 才能はあるものの、南米勢には及ばない。 ヨーロッパ選手権で優勝することは一つのことです。 ブラジルとアルゼンチンに対してワールドカップで優勝することは別のことです. さらに、彼らはヨーロッパにいません。 彼らに幸運を。

ドイツとイタリア? 彼らの時代は終わった。 現時点での彼らのリーグを見てください。 彼らがヨーロッパから離れて勝者を出すとは想像しがたい.

グループの勝者と次点の提案 (1 はグループの勝者を示し、2 は次点を示します) (グループについては http://www.fifa.com/worldcup/standings/index.html を参照してください)

A1 – フランス A2 – ウルグアイ B1 – アルゼンチン B2 – ナイジェリア C1 – イギリス C2 – アルジェリア D1 – ドイツ D2 – ガーナ E1 – オランダ E2 – カメルーン F1 – イタリア F2 – パラグアイ G1 – ブラジル G2 – コートジボワール H1 – スペイン H2 – チリ

プレーオフの提案 ( http://www.fifa.com/worldcup/matches/kostage.html )

2回戦 準々決勝 準決勝 決勝・3位~4位

フランス v ナイジェリア ナイジェリア ガーナ イングランド v ガーナ ガーナ

オランダ v パラグアイ オランダ ブラジル ブラジル v チリ ブラジル

ドイツ v アルジェリア ドイツ アルゼンチン アルゼンチン v ウルグアイ アルゼンチン

イタリア対カメルーンイタリアコートジボワールスペイン対コートジボワールコートジボワール

カテゴリー: fifa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です