ワールドカップサッカーの歴史

投稿者: | 5月 23, 2022

FIFAワールドカップ(しばしばサッカーワールドカップまたは単にワールドカップと呼ばれる)は、国際サッカー(サッカー)で最も重要な大会であり、世界で最も代表的なチームスポーツイベントです。 スポーツの統治機関である国際サッカー連盟(FIFA)が主催するワールドカップは、FIFA加盟国の男子サッカー代表チームによって争われています。 チャンピオンシップは1930年の最初のトーナメントから4年ごとに授与されています(第二次世界大戦による1942年と1946年を除く)が、大会の予選ラウンドは3年前に行われるため、より継続的なイベントです。最終ラウンド。最終トーナメントフェーズ(「決勝戦」と呼ばれることもあります)では、以前に指名された開催国で4週間にわたって32の代表チームが競い合い、これらのゲームは世界で最も広く視聴されているスポーツイベントになります。[1] 開催された17のトーナメントで、ワールドカップ決勝に勝ったのは7か国だけです。 ブラジルは現在の開催者であり、最も成功したワールドカップチームであり、トーナメントで5回優勝しています。一方、ドイツとイタリアはそれぞれ3つのタイトルを獲得しています。 次のサッカーワールドカップ決勝はドイツで開催されます。

最初の国際サッカーの試合は1872年にイングランドとスコットランドの間で行われましたが、この段階ではこのスポーツがイギリス国外で行われることはめったにありませんでした。 サッカーの人気が高まるにつれ、1900年、1904年、1906年の夏季オリンピックでデモンストレーションスポーツ(メダルは授与されません)として開催された後、1908年の夏季オリンピックでサッカーが公式大会になりました。 イングランドのサッカー協会が主催するこのイベントは、アマチュアプレーヤーのみを対象としており、競技ではなくショーとして疑わしいと見なされていました。 イングランド代表のアマチュアサッカーチームは、1908年と1912年の両方でイベントに勝利しました。

オリンピックイベントはアマチュアチーム間でのみ争われ続けており、サートーマスリプトンは1909年にトリノでサートーマスリプトントロフィートーナメントを開催しました。この大会はしばしばファーストワールドカップと呼ばれ、イタリアで最も権威のあるプロクラブのチームが参加しました。ドイツとスイス。 最初のトーナメントは、フットボールアソシエーションが大会への参加を拒否した後に招待されたイングランド北東部のアマチュア側であるウェストオークランドが優勝しました。 ウェストオークランドは1911年に復帰し、タイトルを守ることに成功し、大会のルールに従って、永遠に維持するためのトロフィーを授与されました。

1914年、FIFAはオリンピックトーナメントを「アマチュアのための世界サッカー選手権」として認めることに同意し、イベントの開催に責任を負いました。 これは、1924年の夏季オリンピックでの世界初の大陸間サッカー大会への道を開きました。 ウルグアイはトーナメントで優勝した後、1928年に再び金メダルを獲得し、別の南米チームであるアルゼンチンが銀メダルを獲得しました。 1928年にFIFAは独自の国際トーナメントを開催することを決定しました。 ウルグアイは現在2度の公式サッカー世界チャンピオンであり、1930年に独立100周年を祝うため、FIFAはウルグアイを開催国に指名しました。

ロサンゼルスで開催された1932年の夏季オリンピックでは、米国でのサッカーの人気が低かったため、プログラムの一部としてサッカーを含める予定はありませんでした。 FIFAとIOCもアマチュア選手の地位について意見が一致しなかったため、サッカーは大会から除外されました。FIFAのジュールリメ会長は、1930年にウルグアイで開催される最初のワールドカップトーナメントの開催に着手しました。チームを派遣するよう招待されましたが、大会の開催地としてウルグアイを選択したことは、ヨーロッパ側にとって大西洋を横断する長くて費用のかかる旅行を意味しました。 確かに、大会開始の2か月前まで、ヨーロッパの国はチームを派遣することを約束していませんでした。リメットは最終的に、ベルギー、フランス、ルーマニア、ユーゴスラビアのチームに旅行をするように説得しました。 南米から7か国、ヨーロッパから4か国、北米から2か国の合計13か国が参加しました。

スピンオフトーナメントであるFIFA女子ワールドカップは1991年に最初に開催されました。これは形式的には男子トーナメントに似ていますが、これまでのところ同じレベルの関心を生み出していません。

カテゴリー: fifa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。