ユースフットボールを指導する際に複数のチームを指導するためのヒント

投稿者: | 1月 17, 2023

同じシーズン中に複数のチームのコーチングを手伝わなければならない、あるいは手伝いたい立場にいる人もいるかもしれません。 これは、計画、スケジューリング、および組織化のテクニックを使用して行うことができます。 ただし、ほとんどの人にはお勧めできません。また、時間管理やコーチングの能力に自信がない人にはお勧めできません.

私は 3 シーズンで複数のユース フットボール チームのヘッドコーチを務めてきましたが、これについては後で詳しく説明します。 重要なのは、私が実際にそれを行ったことです。これは理論ではありません。 ユース フットボールのコーチングは 1 つのことですが、複数のチームのコーチングはまったく新しい方程式です。

複数のチームを指導することは、あなたが慣れ親しんでいるものとはかなり異なる方法でサッカーの練習を整理することを含むかもしれません. それを機能させるには、創造性を発揮する必要があります。 ここに私がしたことのいくつかがあります:

私は若いチームのためにサッカーの練習を 30 分早く始めました。私の古いチームは若いチームより 30 分遅く練習しました。 これにより、各チームと 30 分間だけの時間を過ごすことができました。

早い段階で、私たちは一人でいくつかの練習をしました。各チームが週に1日、私と一緒に練習できるように練習する日を変えました。

年齢グループ内のスキル構築と技術作業の一部を組み合わせました。 若いチームのより進歩した成熟した子供たちの何人かは年上のチームと一緒に練習し、弱い年上の子供たちの何人かは若い子供たちとグループ化されました. これにより、弱い年長の子供たちが自分の能力の子供たちに対してレップし、より良くなることができ、より成熟した年下の子供たちが年長の子供たちに挑戦されることができました. グループは並んで作業し、両方のグループがまったく同じドリルを行いました。

特別なチームの仕事と、アングル フォーム タックルを含むダイナミックなウォームアップのほとんどは、私のアシスタントによって監督されていました。

チーム ディフェンシブ セグメントは、最初の数週間後にディフェンシブ コーディネーターによって行われることがよくありました。 最初の数週間は、守備のコーディネーターと選手に、適切なチームの守備と守備の認識セグメントを実行する方法を示すことが重要でした. その後は、練習計画書に、そのセグメントに取り組むために必要なものと、その週の防御に集中するために必要なサッカーのプレーとフォーメーションが含まれていることを確認するだけでした.

一度に複数のユース フットボール チームを指導する場合は、すべてのロジスティクスの責任を他のコーチや保護者に委任する必要があります。 両親が私にこれをするように圧力をかけたとき、私はすべてのブロッキングダミーと機器をフィールドに置き、彼らが責任を負うことを要求することで応えました. チームの「本」や、他の人に提供できるものは何でも同じようにしました。 人生があるなら、しなければならない。

その他の重要な要素:

私のアシスタントのほとんどは、私と一緒に指導を受けた 2 年目か 3 年目でした。 私は両方のチームを完全にコントロールしていました。 両親は私に両方のチームのヘッドコーチをしてほしいと思っていました. 複数のチームを持っている場合は分単位の練習計画を書いていなければなりません.

最初の 1 年で 2 つのチームを指導したのは、単にコーチが足りなかったからです。 「A」チームと「B」チームにはたくさんのコーチがいましたが、6 歳から 8 歳の「インハウス」チームでは本当に足りませんでした。 それは「インハウス」であり、あまり競争力がなかったので、その年、このチームを通常のコーチング業務に追加することができました.8歳から10歳の「セレクト」チーム.

別の年には、合意されたコーチ契約の条件を満たさなかったため、最初の試合の 1 週間前に 13 歳から 14 歳のコーチング スタッフ全員を解雇しなければなりませんでした。 それに加えて、彼らは「B」チームを「スタッキング」していました。これは非常にスポーツマンシップに欠け、不公平なことであり、ユース フットボール チームがうまくやれる唯一の方法は圧倒的な才能を持つことだと感じている非常に弱いコーチによくあることです。 . この場合、この「B」チームは、私と、同時に別のチームを指導していた別のコーチによって指導されました。 これらすべてのチームを同じフィールドで練習することはできなかったので、火曜日/土曜日のスケジュールに行きました。 幸いなことに、リーグはスケジュールされていたため、試合日の競合はありませんでした。 正しいことをしようとすると、それがどのように機能するかはおかしな話です。 ちなみに、上位4名をAチームに昇格させ、準優勝チームという結果となり、とても充実したシーズンとなりました。

2007 年、私は 7 歳から 9 歳と 10 歳から 11 歳のチームのヘッド コーチを務めました。 私の好みは、システムを通じて年齢を重ねるにつれてチームにとどまるよりも、毎年新しい若い子供たちのチームを指導し、プレーヤーを次の年齢層に送り出すことです. 2008 年に私は 3 つのチームのヘッドコーチを務めましたが、2009 年には 1 つのチームだけのコーチングに戻ることができるように、ヘッドコーチ向けのメンタリング/見習いプログラムを導入しました.

これを行うことにした場合は、すべてのコーチが参加していることを確認してください。 必ず保護者の方と相談の上、年齢差の大きい異能のお子様同士を対戦させないでください。

カテゴリー: fifa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です