サッカー筋力トレーニング

投稿者: | 12月 12, 2022

すべてのサッカー選手にとって、筋力トレーニングに対する大きなニーズがあります。 筋力プログラムをまとめるには、アスリートの能力を最大限に引き出し、適切に構成するための計画が必要です。 筋力トレーニングプログラムを計画することは、芸術であり科学でもあります。

ここでは、サッカーの筋力トレーニングに関して覚えておく必要がある事実の簡単なリストを示します. どれだけ大きくてかさばるかだけではありません – 実際にはまったく逆です。

o より大きな筋肉が必ずしもより強い筋肉であるとは限りません o 特定の筋肉のサイズを開発するだけではありません。 実際に筋肉の強さを考慮する必要があります。 それがすべてです。

o 強い筋肉は大きいだけではありません。 -。

o 多くの大きな筋肉が、動くはずの関節から引き裂かれています。 筋肉が完全に回復するには、文字通り数か月、場合によっては数年かかることがあります。 決してしない人もいます。

トレーニングを真剣に行うことで、腱と靭帯の強度を高めます。 ばかみたいにウエイト トレーニングを攻撃しないでください。 ゆっくりしてください。 すべての担当者で厳密なフォームに注意してください。 担当者をゆっくりと完全にコントロールして実行します。 無計画にウェイトを持ち上げたり、投げたりして、成功した担当者は不注意であるだけではありません。 それは誤った成果です。 ウエイト トレーニングとは、A 点から B 点に体重を移動するだけではありません。覚えておいてください。

o かさばる筋肉は、スピード、敏捷性、フィネスを低下させることがよくあります。 o 特にワイド レシーバー、ディフェンシブ バック、テールバックの場合、バースト パワーとスピードのために筋肉を特別にトレーニングする必要があります。 彼らは今すぐ始めて、今すぐ止めて、深刻な予想外の影響を吸収できなければなりません。 サッカーは弱虫のゲームではありません。 また、風変わりでぎくしゃくしたバランスを崩した方法で400ポンドをベンチに入れることができるかもしれないという理由だけで、大きくて遅く、過度にかさばる豚のためのイベントではありません. まあ本物!

あなた自身とあなたのチームに真剣な恩恵を与えてください。 サッカーのための筋力トレーニングを真剣に考えてください。 ジムにいる間はゆっくり。 かさばりとともに、腱と靭帯の強度を高めます。 最終結果は、獣の真の強さを備えた、優れた、軽量で、引き裂くことの不可能な、爆発的な筋肉になります! 今、それがあなたが求めているものです。

考慮すべきサッカーの筋力トレーニングにはいくつかの種類があります。 サッカーは用途が広く、筋力トレーニング プログラムには多様性が必要です。 対処するタイプは次のとおりです。

o サッカーの機能的筋力トレーニング Ø サッカーの肥大筋力トレーニング Ø サッカーの最大筋力トレーニング Ø サッカーのパワー筋力トレーニング

まず、それぞれを定義し、次にそれらすべてを組み合わせてサッカーの総合的なアスレチック パッケージにする方法について説明します。

サッカーのための機能的筋力トレーニング:

フットボールは、さまざまな形で体に大きなダメージを与える可能性があります。 あなたの体はねじれ、曲がり、跳ね返り、不自然な緊張の無数の位置に押し込まれます. 筋力トレーニングを行いながら、左右対称の発達を確保する必要があります。 つまり、体の両側に等しく、動物的な (ただし制御された) 力を与えるということです。 偏った奇形ではなく、対称的な発達が必要です。

また、原動力 (大腿四頭筋、上腕二頭筋、胸筋など) の発達に夢中になりすぎて、それを支える筋肉 (ハムストリングス、上腕三頭筋、ふくらはぎ、三角筋後部、僧帽筋下部など) を無視しないようにする必要があります。 )。 ここでのメッセージは、バランスを保つ必要があるということです。 対称的でホリスティックな方法で体を発達させることができない場合は、怪我をしている.

サッカーのための筋肥大トレーニング

発音しにくい名前に惑わされないでください。 筋繊維サイズの増加は、筋肉量の改善と増加を補います。 誰もが思い浮かべるサッカーの筋力トレーニングです。 あなたは筋肉の成長と完全なバルクに集中することができます. ラインマンでさえ、筋力トレーニングの約半分だけを筋肥大に費やすべきであることを忘れないでください. それ以上の場合は、敏捷性とスピードが不足しているため、痛みを伴う怪我のゾーンであるスロー ゾーンに入ります。

サッカーのための最大筋力トレーニング

簡単に言えば、これは各筋肉の断面積の発達を指します。 爆発力を担っています。 これらの「速筋」運動単位の発達を促進するために、最大負荷を持ち上げる必要があります。 強さと力は近いいとこです。 最大筋力トレーニングを行っているときは、リフトに爆発します。 おもりにエネルギーのバーストを発射し、目的の目的地まで推進します。 厳密で適切なフォームについての最初のレッスンを覚えておく必要があります。 ウェイトの下で魚のようにバタバタしてワークアウトを台無しにしないでください。 それをしなければならない場合は、バーから体重を少し減らしてください。 覚えておいてください: フロップでそれを通り抜けた場合、実際にはそれを持ち上げたことにはなりません。 さらに重要なことに、バタバタと身もだえは、ベンチに座っていると怪我を招きます。 信じてください!

サッカーのための筋力トレーニング

サッカーのフィールドで勝つためには、すべての力を即座に活況を呈する力に変換する能力が必要です。 より強く、より強力なアスリートは、衝突を最もよく生き残る人です. パワーストレングストレーニングを使用して、機能、肥大、および最大のトレーニングセッションを強調する必要があります. 中枢神経系が速筋繊維をできるだけ早く動員することを望んでいます。 サッカーの総合的なパッケージを開発するためには、トレーニングに参加して釣りをするだけでなく、別のことを理解する必要があることを理解したので、サイクルトレーニング. サッカーのために筋力トレーニングを最適化したい場合は、上記のトレーニング方法をすべて組み込む必要があります。

タイムラインを作成します。 各トレーニング タイプを連続して循環するプログラムを作成します。 機能トレーニングの後には、筋肥大作業が続きます。 それに続いて、マキシマム トレーニングとパワー トレーニングをそれぞれ 4 週間行い、それを繰り返します。 トレーニングを変えてください。 体が横ばいになりたくないので、トレーニングを一貫して同じにすることはできません。 自分の体を、さまざまな時期にさまざまなケアが必要な多面的な機械と考えてください。 適切なフォームを確保するために、常に各担当者に時間をかけてください。 対称的に開発します。 腱と靭帯の強さを開発します。 サイズとパワーを開発する必要があります !

多様でインテリジェントなトレーニングを通じて内なる獣を解放し、フィールドを支配してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です